競売・自己破産について

競売とは

自己破産とは

競売について

銀行などの金融機関が 貸している債権を回収するために
強制的に債務者の不動産を売却させることです

金融機関が債務者からある一定の期間返済を受けられなかった場合、債権を回収するために、債務者が所有する不動産や担保物件の売却を裁判所に申し立てます。

そして担保物件の不動産を差し押さえて、裁判所の管理下で強制的に売却されてしまいます。

一般的に競売の場合、市場価格の5割~7割で落札されます。また競売になると裁判所の執行官が現地調査を実施するため、
近所に知られてしまう可能性があります。競売が決まると自宅に住む権利をなくしてしまうので、強制的に立ち退きをせまられ、
準備を十分にすることが出来ずに追い出されてしまいます。

競売のメリット/デメリット

メリット

  • 特に債務者からアクションを起こす必要がない
  • 任売売却と比べ長く自宅に住むことが可能

デメリット

  • 市場価格の50~70%で売却される
  • 近隣の住民に知られてしまう
  • 引っ越しのための費用を残すことが難しい
  • 強制的に自宅を退去させられてしまう
  • 手元に現金を残すことが困難

自己破産について

債務者の申し立てによって 裁判所で行われる債務整理のことです
つまりすべての債務を免除してもらいます

自己破産とは、裁判所が「支払い不能」と判断した際に、全ての債務をゼロにするという手続きです。

この場合は債務者より裁判所に対して、「破産申立書」を提出して「免責許可」をもらう必要があります。
自己破産をするためには、弁護士などへ依頼をすると、破産申立費用が発生します。

債務をゼロにしてもらうためには現在所有されている一定の価値のある財産はすべて手放さなければいけませんし、数年はクレジットカードの利用やローンを組むことができなくなります。

また官報と呼ばれる国の機関紙に名前と住所が載ります。まれに給与の差し押さえがある場合もあります。
税金の滞納については、自己破産をしても免責にはなりませんので注意が必要です。

自己破産のメリット/デメリット

メリット

  • 借金の支払い義務がなくなる
  • 借金の取り立てがなくなる

デメリット

  • 費用が発生する
  • 財産を失ってしまう
  • 官報に記載をされてしまう
  • お金を借りることができなくなる
  • 資格や職業が制限されてしまう
  • 税金の滞納は免責にならない

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン