催告書が届いた方

催告書(代位弁済の通知)が届いた方催告書が通知された 滞納が4ヶ月以上続いている家がなくなる その前にご相談ください!

この段階で対処すれば 家を守る事
有利に売却する事など 対応策が豊富です

1
ローンの支払いが今後困難
2
督促状が届いた
3
催告書が届いた

この段階で対処しない場合
家を失ってしまう可能性が非常に高くなります

画像:注意アイコン対処困難

4
競売開始決定の通知が届いた
5
現況調査の
通知が届いた
6
競売の期間入札
落札・終了

危険度高いこのままの状態ですと最短1ヶ月で競売になります

催告書が届いたら

まず滞納分を一括返済してください

まずは滞納している金額を返済できるようであれば一括返済してください。
返済が難しい場合には、任意売却専門相談室【ニンセン】 にご相談ください。
催告書を放置すると、法的手続きにより強制的に競売となります。

一括返済が出来ないと

住宅ローン融資の金銭消費貸借契約違反となり、
住宅ローンの残高+遅延損害金の一括支払いを求められます。

一括支払いが出来ない場合は法的手続きである競売へと進み
あなたは家の権利を失うことになります。

督促状や催告書を放置すると期限の利益を喪失することになります。
期限の利益喪失とは住宅ローンを毎月々返済する権利を失い、住宅ローンの残債務と遅延損害金を全て一括で返済するように求められることです。
住宅ローンの一括返済が出来ないと、金融機関は、競売申立ての準備に入ります。
この時点で、任意売却などでの売却手続きを金融機関側へ"お願い"しなければ、競売手続きを進め、自宅が安く買いたたかれてしまうことになります。

債権者による回収方法について

住宅金融支援機構の場合

業務委託先の債権回収会社が
債権(残債務)の回収業務を進めていきます

債権の回収業務を委託先された会社が決定すると、住宅金融支援機構からどこの業者に委託したのかが書面で通知されます。
その通知を受け取った後の連絡先は委託先となり、そこの担当者から連絡が来るようになります。

その他 金融機関の場合

代位弁済後は、保証会社から
債務者(あなた)へ請求が始まります

金融機関が保証契約をしている場合は、まずその保証会社が金融機関に対して債務者の代わりに全額の支払いをします。このことを代位弁済といいます。代位弁済後は、保証会社から債務者に対して支払ってくださいという請求を受けることになります。
それに対して、払えないでいると保証会社が競売申立ての準備を始めます。

いずれの場合でも、競売申立ての準備が整うと裁判所へ申立てをすることになります。
この時は、前もって「これから競売の申立てをします」等という通知はないことが通常です。
※通常いきなり競売となってしまいます

そうなる前に!

任意売却が最適です

一般市場の価格で自宅を売却できます
任意売却は、貴方の意思(自ら売却すること)を確認し銀行側(債権者)との合意の上、一般市場で売却を進めます。
よって近隣の方へあなたの事情がわかることもなく、一般的な引っ越しを装うことができ、引越時期や、その他あなたの事情を考慮し、いろいろな面で相談が可能です。
資金面でも、スケジュール面でもご自身の新生活に合わせて 良いスタートが切れるように進めていくことが可能となってきます。

催告書や代位弁済の通知が届いた場合、競合を回避する最終段階となり、状況は深刻です。
もちろん支払えない状況はすぐに解決できるものではありません。
少しでもあなたの家とその後の生活のためになる方法を私たちがご提案いたします。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン