催告書が届いた方

催告書とは?

催告書(さいこくしょ)とは、借入金全額の支払いを迫るための文面・通知をする「最終通告」のことです。

催告書 サンプル画像

催告書(代位弁済の通知)を放置すると…
自宅が最短1ヶ月競売になります!

下記の項目に1つでもチェックがあったら非常に危険です!

大至急、銀行に連絡をとり

通常の住宅ローン返済に戻せるか、
確認して下さい!

一般的には、催告書・代位弁済通知が届いた場合、
分割で支払っていた住宅ローン返済が出来なくなり、
住宅ローンの残り全額を一括請求されることになります。

銀行に電話連絡・相談する前に・・・・
住宅ローンの専門家今すぐご相談ください!

銀行に、あなたの状況を教えるのは危険です!

早い時期での相談が解決につながります!
一人で抱え込まず、住宅ローンの専門家にご相談ください!

24時間受付中メール無料相談はこちら

期限の利益をう喪失し、代位弁済を通知する書類、催告書とは?

住宅ローンの残高すべて+遅延損害金一括返済
求められます!

さらに、一括返済できないと

あなたの家は競売に

一括支払いが出来ない場合は法的手続きである競売へと進み
あなたは家の権利を失うことになります

督促状や催告書を放置すると期限の利益を喪失することになります。
期限の利益喪失とは、住宅ローンを毎月々返済する権利を失うことで、住宅ローンの残債務と
遅延損害金を全て一括で返済するように求められることになります。
その後、住宅ローンの一括返済が出来ないと、金融機関は、競売申立ての準備に入ります。
この時点で、任意売却での売却手続きを金融機関側へ "お願い" しなければ、競売手続きを進め、
自宅が安く買いたたかれてしまうことになります。

競売で、低価格でうられてしまい、何も残りません!

競売になると、こんな"デメリット"が…

  • 市場価格よりも
    安価で売却!
  • 手元に現金を
    残すことが困難!
  • 強制的に退去させられる!
  • 近隣の住民に
    競売を知られてしまう!

競売になると自宅が安く買いたたかれてしまいます。
住宅ローン借入銀行からの 催告書・督促状 及び連絡を放置し、3〜6回住宅ローンの延滞・滞納が続くと、最終通告書・期限の利益の喪失予告や最終的な催告書が届くことになります。
住宅ローン滞納3〜6ヶ月で、期限の利益喪失(最終的に、催告書として送られてくる書面に記載)となります。
銀行など金融機関では、一般的に3〜6ヶ月の期間 住宅ローンの滞納が続くと、
強制的に資金を回収するため、競売や任意売却という不動産の売却手続きを行います。
競売は、貴方の事情にかかわらず法的手続きに従い強制執行されますので、
近隣周辺にも競売の事実がわかり、ご家族みなさんに精神的苦痛が生じます。

催告書や代位弁済の通知を放置すると競売になります!
手遅れになるその前に、ご相談ください!

24時間受付中メール無料相談はこちら

債権者による競売の手続き・回収方法について

住宅金融支援機構の場合

業務委託先の債権回収会社が
債権(残債務)の回収業務を進めていきます

債権の回収業務を委託先された会社が決定すると、住宅金融支援機構からどこの業者に委託したのかが書面で通知されます。
その通知を受け取った後の連絡先は委託先となり、そこの担当者から連絡が来るようになります。
任意売却や競売申立ては、住宅金融支援機構が委託した債権回収会社が行います。

その他 金融機関の場合

代位弁済後は、保証会社から
債務者(あなた)へ請求が始まります

金融機関が保証契約をしている場合は、まずその保証会社が金融機関に対して債務者の代わりに全額の支払いをします。このことを代位弁済といいます。代位弁済後は、保証会社から債務者に対して支払ってくださいという請求を受けることになります。
その後、全額返済できない場合は保証会社が競売申立てを行います。任意売却は債務者からの申請により判断されることになります。

いずれの場合でも、競売申立ての準備が整うと裁判所へ申立てをすることになります。
この時は、前もって「これから競売の申立てをします」等という通知はないことが通常です。
※通常いきなり競売となってしまいます

競売までの猶予は少ないです!手遅れになる その前にご相談ください!競売を回避できる有効な手段があります!

今後、住宅ローンが払えない あなた!
競売を回避する有効な手段は"任意売却"です!

任意売却とは、貴方の意思(自ら売却すること)を確認し銀行側との合意の上、一般市場で売却を進めることをいいます。よって近隣の方へあなたの事情がわかることもなく、一般的な引っ越しを装うことができ、引越時期や、その他あなたの事情を考慮し、いろいろな面で相談が可能です。
資金面でも、スケジュール面でもご自身の新生活に合わせて、良いスタートが切れるように進めていくことが可能となってきます。

任意売却の7大メリット

メリット1

競売よりも
有利な条件で売却できる
詳しくはこちら

メリット2

引越の費用が
もらえる可能性がある
詳しくはこちら

メリット3

税金差押え・管理費/修繕
積立金の滞納額を控除して
もらえる可能性がある
詳しくはこちら

メリット4

誰にも知られることなく
売却できる
詳しくはこちら

メリット5

住宅ローンの残債は
分割払い可能
詳しくはこちら

メリット6

住み続けられる
可能性がある
詳しくはこちら

メリット7

精神的な負担を軽減できる
詳しくはこちら

競売と任意売却の違い

任意売却なら 競売だと
売買価格 一般市場相場の価格 一般市場相場の3~5割安くなることもある
プライバシー 一般的な売却方法のため
他人に事情を知られることがない
情報が公開されるため 近隣の住人や
職場に知られてしまう可能性がある
引越し費用 債権者等との交渉により捻出できる可能性がある 手元に残すことは難しい
現金 残せる可能性がある 残せる可能性は ほぼない
売却の期間 短め 長め
退去日 事前に協議の上決めることができる 裁判所からの強制執行もありえる
交渉 交渉の席で債権者との話し合いが可能 一括返済の請求や給料の差押えの可能性もある

つまり任意売却は、

住宅ローンが払えなくなり、ご自宅を売却したくても住宅ローンの残高以上での売却が出来ず、自己資金も無い状況になった方への救済処置とも言えます。

但し、この任意売却制度は、あなたの意思(自ら売却を希望する事)を銀行側に申請する必要があります。
銀行からのアプローチ(任意売却のご案内)は、基本的には期待できませんので十分な注意が必要です。
督促状や催告書が届いても、そのまま放置し時間が経過すると突然裁判所から競売申立ての通知が届く事になってしまいます。


任意売却での売却方法は、通常の不動産売却と何ら変わらない為、ご家族の精神的な負担もかなり軽減できると思います。
また、任意売却では、“引越したくない”“このまま住み続けたい”“手放したくない”“残したい”というお気持ちが強い場合、任意売却での親子間売買・親族間売買・兄弟間売買などの家族間売買にて家族の協力のもと“そのまま住み続ける”対策を取ることも可能です。
家族や信頼できる友人等の協力者がいない場合でも、リースバックや買戻しを考慮した対策が可能です。

催告書が届いた、代位弁済の通知が届いた方
お一人で悩まず、今すぐご相談ください!

24時間受付中メール無料相談はこちら

催告書が届いた方へ

専門家からのアドバイス

この段階で対処すれば 家を守る事
有利に売却する事など 対応策が豊富です

1
ローンの支払いが今後困難
2
督促状が届いた
3
催告書が届いた

この段階で対処しない場合
家を失ってしまう可能性が非常に高くなります

画像:注意アイコン対処困難

4
競売開始決定の通知が届いた
5
現況調査の
通知が届いた
6
競売の期間入札
落札・終了

危険度高いこのままの状態ですと最短1ヶ月で競売になります!

催告書や代位弁済の通知が届いた場合、競合を回避する最終段階となり、状況は深刻です。
もちろん支払えない状況は、すぐに解決できるものではありません。
少しでも、あなたの家とその後の生活の為に、有利になる方法を模索する必要があります。


一刻も早く、専門家に相談しましょう!

【 信頼できる任意売却業者を選ぶポイント! 】

具体的な解決方法や住宅ローン残債務の対処方法を「納得・理解できるまで相談」する事が大事です!
あなたが希望する解決方法を親身になって考えてもらえる会社かどうかを見分ける事も重要です!

詳しくはコチラを確認

※注意点※
この段階で、銀行にいきなり相談すると、銀行は【あなたの現在の収入状況や資産情報等を確認】し、競売後の 住宅ローン残債務の回収の為のデータ集めをする可能性があります。
銀行に相談する前に、任意売却の専門家に相談することをお勧め致します。

こちらのコラムもご確認ください

競売とは

督促状と催告書の違い

催告書代位弁済の通知が届いた場合、状況は深刻です

競売までの猶予は残りわずか!
"近いうちに支払う"では 手遅れになってしまいます。
競売になる前に まずはご相談ください!

もちろん支払えない状況はすぐに解決できるものではありません。
少しでもあなたの家とその後の生活のためになる方法を私達がご提案いたします。

早急にご相談ください!

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン