任意売却コラム

督促状と催告書の違い

督促状(とくそくじょう)とは?

住宅ローンの返済が遅れると、最初は「ご連絡」や「お知らせ」と書かれた書面が届くのが一般的で「返済が未入金になっていますのでお支払いください」という内容になっています。

うっかり忘れたということもあるため、この段階では文面もさほど厳しいものではなく、自主的な支払いを促す催促・請求といった意味合いのものになります。

その後も延滞が続くと「再度のご連絡」や「来店依頼について」といった書面が届き、その後「督促状」が届きます。

延滞が解消できれば住宅ローンを元の月々の返済に戻すことができる状況にあるので、金融機関もまめに連絡をしてきます。

督促状は「○年○月○日までに延滞金と遅延損害金をまとめてお支払いください」という内容になっていて、延滞解消をできる期限が明記されています。

この段階で遅れた分の支払いをするか、相談に行くなどの行動をとらなければ次の「催告書」という厳しい段階へ進んでしまいます。


催告書(さいこくしょ)とは?

度重なる督促にもかかわらず、期日までに何の行動もとらなければ、自主的な支払いは見込めないと判断され、強制執行を前提とした「催告書」が内容証明郵便で送られてきます。

「×年×月×日までに返済がない場合、法的手段をとります」という厳しい文面で予告しており、延滞金だけでなく、借入金全額及び遅延損害金を支払うよう記載されています。

催告書は督促状よりもはるかに重い、支払いを迫る「最終勧告」です。

金融機関によっても異なりますが、基本的にはこの段階で延滞金を支払っても住宅ローンを元の状態に戻すことは難しいでしょう。

期日までに全額返済できないと、金融機関は強制執行の準備に入り、準備が整うと給与口座の凍結、資産の差し押え、競売申し立てへと粛々と進んでいきます。

催告書は「最終勧告」ですから、催告書を受け取ってからは金融機関は何も言ってこなくなりますが、勘違いして安心しないでください。
ある日突然「競売開始決定の通知」が届きます。
催告書を受け取ったら、もう、いつ「競売開始決定の通知」が届いてもおかしくないのです。

お役立ち情報

任意売却業者選び 無料相談受付中0120-201-819

資料ダウンロードはコチラ

任意売却コラム

任意売却にまつわる
役立つ情報をまとめました

一覧はコチラ

事例紹介

【ニンセン】がサポートした
事例を紹介します

一覧はコチラ

感謝の声

【ニンセン】がサポートした
ご相談者様から寄せられた
感謝の声を紹介します

一覧はコチラ

TOPICS

住宅ローンに関する
最新の情報を発信しています

一覧はコチラ

サービスの特徴

あなたの大切な家を守るための
【ニンセン】のサービスを
ご紹介します

一覧はコチラ

早わかり!不動産用語集

少しでも有利に取引をするためには、専門用語の意味を十分理解する必要があります。 任意売却・競売において一般的に使われている専門用語を取り上げ、わかりやすく解説します。

一覧はコチラ

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン