任意売却コラム

督促状が届いたら

督促状が届いたら、時間を置かず、可能な限り迅速に対応しましょう。

 絶対にやってはいけないことが2つあります。

1つは、他から借りて住宅ローンの支払いに充てること。
住宅ローンは長期にわたる金利の最も低いローンです。
その返済ができないで困っているのに手っ取り早く金利の高い消費者金融などから借りて返済にまわしても何の解決にもなりません。
高い金利でますます借金が増えていくばかりです。

そしてもう1つは、無視することです。
また、「気付かなかった」も相手にとっては無視されたのと同じことで通用しません。
債権者の心象が悪くなり今後の相談や交渉が不利になっていきます。
迅速に、誠実に、真摯に対応することです。

まずは、可能ならば期限内に延滞金を支払うことです。

しかし、払えないときは、払えない事情を説明し、金融機関に出向いて今後の返済についての相談をしましょう。
返済額の一時的な減額や返済期間の延長といった支払条件の見直しなど提案してくれることもあります。
ただその場合、支払い総額は増えることになるので注意が必要です。

それでも今後の見通しとして払えそうに無い場合は、任意売却を考えることです。
全額返済できなくても任意売却をして少しでも多く返済をしたいと誠意を示すことです。
債権者側から任意売却をすすめられることもあります。

今後の返済の見通しが厳しくなりそうな時は、なるべく早い段階で一般の不動産会社ではなく、私どものような任意売却を専門とする不動産会社【ニンセン】へ相談してください。
現在の状況から、また届いている書類の内容に応じて的確なアドバイスをすることができます。

再三の督促や催告を無視して債権者に競売を申し立てられるということは、いわば喧嘩別れと同じで、返済したいけれどもできないという誠意が感じられず “交渉の余地が無くなった” ということです。

「このまま住み続けたい」「家を守りたい」「親族に買ってもらいたい」など、より多くの 解決の選択肢を残すためにも、今すぐご相談ください。

お役立ち情報

任意売却業者選び 無料相談受付中0120-201-819

資料ダウンロードはコチラ

任意売却コラム

任意売却にまつわる
役立つ情報をまとめました

一覧はコチラ

事例紹介

【ニンセン】がサポートした
事例を紹介します

一覧はコチラ

感謝の声

【ニンセン】がサポートした
ご相談者様から寄せられた
感謝の声を紹介します

一覧はコチラ

TOPICS

住宅ローンに関する
最新の情報を発信しています

一覧はコチラ

サービスの特徴

あなたの大切な家を守るための
【ニンセン】のサービスを
ご紹介します

一覧はコチラ

早わかり!不動産用語集

少しでも有利に取引をするためには、専門用語の意味を十分理解する必要があります。 任意売却・競売において一般的に使われている専門用語を取り上げ、わかりやすく解説します。

一覧はコチラ

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン