任意売却コラム

競売のメリットと、競売のデメリット

競売のメリット

・全ての手続きが裁判所主導で行われる ので何もしなくていい。

・落札まではそのまま住んでいても立ち退きを求められないので、
 場合によっては長く住めることもある。


競売のデメリット

・すべてが所有者の意思は尊重されず、裁判所の主導で進んでいく。

・室内を見ることができずに入札するので、安値で落札され
 (市場価格の5~8割前後で落札されることが多い)その分、残債務も多くなる。

・新聞・情報誌・ネットなどの競売公告掲載で近所や親戚や取引先に
 知られてしまう可能性がある。

・不動産業者が隣近所に聞き込みを行ったり、訪ねてきたりする。

・不動産業者や金融業者からのチラシが大量に投函される。

・ご近所の視線や噂が気になる人は、
 家族を他の場所へ引っ越しさせたりしなければ、ノイローゼ等になったりして
 家庭崩壊につながることもある。

・落札後は直ちに立ち退かなければならない、
 居座ると強制執行によって追い出される。

・債務超過なら1円も残らず、引越し費用も出ないし、交渉もできない。

・売却後に残った借入金について、債権者との交渉が難しく、
 一括返済の請求や給与差押・銀行口座の差押の可能性もある。

・競売を申し立てる方も手間と費用がかかる割に小額しか回収できないので、
 債権者・債務者双方にとって良い解決方法ではない。


競売と任意売却の違いについて

詳しくは【競売と任意売却の違い】を参照ください。

お役立ち情報

任意売却業者選び 無料相談受付中0120-201-819

資料ダウンロードはコチラ

任意売却コラム

任意売却にまつわる
役立つ情報をまとめました

一覧はコチラ

事例紹介

【ニンセン】がサポートした
事例を紹介します

一覧はコチラ

感謝の声

【ニンセン】がサポートした
ご相談者様から寄せられた
感謝の声を紹介します

一覧はコチラ

TOPICS

住宅ローンに関する
最新の情報を発信しています

一覧はコチラ

サービスの特徴

あなたの大切な家を守るための
【ニンセン】のサービスを
ご紹介します

一覧はコチラ

早わかり!不動産用語集

少しでも有利に取引をするためには、専門用語の意味を十分理解する必要があります。 任意売却・競売において一般的に使われている専門用語を取り上げ、わかりやすく解説します。

一覧はコチラ

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン