任意売却と競売では
不動産を手放すまでと手放した後の
精神的な苦痛や生活が大きく変わります

任意売却をおすすめしたい方

  • とにかく家を守りたい
  • 引越してもよいが
    少しでも有利に売却したい
    できれば資金を確保したい
  • ご近所や会社にわからない様
    秘密厳守で処理したい
  • 引越し時期を融通してほしい
  • 不動産を売却したいが
    住宅ローンの残高以上で
    売却が出来ない
  • 銀行・債権者との話し合いや
    交渉の対応が出来ず
    住宅ローンの滞納を続けている

競売との違い

任意売却

競売

つまり任意売却の場合
所有者の意志により売却を行うため
競売より色々な面において有利に売却することが可能です

「結果的に家を失うのなら、任意売却も競売も同じ」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、任意売却と競売では、そこに行き着くまでの過程が全く違います。
簡単にいってしまえば、任意売却とは「労力を惜しまず少しでも有利な条件で不動産を売却する」こと、対して競売は「全ての労力を放棄し、裁判所の命令(強制執行など)があるまで放置する」ことになります。
どちらもメリット・デメリットはあります。そのため、「今後どのような生活を考えているのか」で、売却方法を選ぶことをお勧めします。

任意売却なら 競売だと
売買価格 一般市場相場の価格 一般市場相場の3~5割安くなることもある
プライバシー 一般的な売却方法のため
他人に事情を知られることがない
情報が公開されるため 近隣の住人や
職場に知られてしまう可能性がある
引越し費用 債権者等との交渉により捻出できる可能性がある 手元に残すことは難しい
現金 残せる可能性がある 残せる可能性は ほぼない
売却の期間 短め 長め
退去日 事前に協議の上決めることができる 裁判所からの強制執行もありえる
交渉 交渉の席で債権者との話し合いが可能 一括返済の請求や給料の差押えの可能性もある

任意売却を行うことで 精神的苦痛からの解放・金銭面での援助が期待出来ます
しかし注意いただきたいのが 知識と経験のない者がいたずらに交渉すると
場合によっては「競売を回避できなくなる可能性がある」ということです

今後の生活をどのようにお考えですか
「このままでは競売にかけられ、自宅が売られてしまう…」
そうなる前にまずはご連絡ください。
任意売却と競売では今後の生活が大きく変わってきます。
そのためにはまず、ご自身がどのような生活を送りたいかを考えたうえで、
専門相談室にご相談ください。
【ニンセン】があなたに合った最適な解決策を
ご提案いたします。
  • とにかく
    家を守りたい
  • 少しでも
    有利に売却したい
  • 引越し時期を
    融通してほしい
  • 可能な限り
    ここに住み続けたい

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン