本のアイコン差押え(さしおさえ)

競売の前提として、債務返済が滞っている債務者の財産の売却等を禁止する裁判所の命令のことです。
不動産の登記簿・甲区に記載され、所有権の移転や担保権設定を行うことは出来なくなりますが、 所有者の使用・収益まで制限するものではありません。
登記された不動産は、競売で競落人が代金納付を終えると、職権により所有権移転登記がなされ、それと同時に差押えは解除されます。

一方、差押は判決などの債務名義を取得するために時間がかかり、その間に浪費・隠匿等で債務者の財産が減少する恐れがあるときに、金銭債権の将来の執行を 保全する目的でされる暫定的処置が「仮差押え」です。
これは、裁判所の命令によって行われ、不動産の登記簿・甲区に記載されます。
仮差押えされた不動産を、売買したり、担保権設定を行うことは可能ですが、 仮差押登記のあとに所有権を取得し、その後差押が実行されると、その所有権を保留することはできなくなります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン