本のアイコン残債務・残債(ざんさいむ・ざんさい)

借金の残額のことです。
競売や任意売却をしても、売却代金で残りの住宅ローンを全額返済できない限り、借金は残ります。
この残債務は、競売または任意売却後には債権となってサービサーからサービサーへ転売を重ねる場合があります。
サービサー・債権回収会社によっては、強く返済を求めてくる場合もあり、全く返済を求めてこない場合もあります。

この残債務の処理を誤ると、競売後/任意売却後でも苦しめられることになります。

そうした残債務の相談は、任意売却を依頼した業者さんに確認してみてください。
貴方の案件に全く関わっていない他の任意売却業者へ相談をしてもたぶん断られることでしょう。
なぜなら、債権者との交渉の経過がまったくわからないからです。

ただ、任意売却をした業者さんでも、その後の相談にのってもらえないことも考えられます。
その際には弁護士さんに相談するしか道はありません。
任意売却後、何年経過しても相談できる任意売却業者を選ぶことをお勧めします

ご相談は、確かな実績と対応力のある全国任意売却専門相談室まで。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン