本のアイコン質権(しちけん)

債権を保全するために、債務者または第三者から受け取った物を占有し、債務が弁済されなかったときには、その物について他の債権者を差し置いて優先的に弁済を受け取ることができる担保物件のことです。
(民法第342条)
つまり、弁済しなければ債務者は当該物の所有権を失うことになります。
目的としては抵当権と共通します。

不動産の実務上では権利に対する質権で、金融機関が不動産所有者に融資をする場合には、不動産所有者が火災保険に加入し、その火災保険金の請求権について 金融機関が質権を設定するのが一般的です。
万が一、不動産が火災にあった場合には、金融機関はこの質権を実行して、火災保険金から融資の優先返済を受けるというわけです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン