本のアイコン執行抗告(しっこうこうこく)

裁判所の執行処分に対する不服申立てを行うことです。
執行抗告により、一時的に手続きの進行が中断する分、買受人は代金納付手続きが遅れることになります。
以前は、競売妨害や遅延目的の手段として悪用されることが多く見受けられました。 そのため、平成10年度の民事執行法の改正により、執行抗告が強制執行の手続を不当に遅延させることを目的としてなされた場合には、 裁判所がこれを却下できるとの規定が設けられ、即日却下なども行われるようになってきたので、最近では執行抗告が減っており、競売手続が以前よりも迅速になりました。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン