本のアイコン代位弁済(だいいべんさい)

他人に代わって支払うという意味です。
通常、銀行などの金融機関から住宅ローンの借り入れをする場合、信用保証会社との間で「保証委託契約」を締結します。
その後、住宅ローンを組んだ本人が返済不能な状態に陥り、期限の利益の喪失した場合には、保証会社が本人に代わって金融機関に返済することになります。
このことを代位弁済といいます。
これにより、保証会社に債権者・債務者に対する求償権が 発生し、債務者は、保証会社より残債務の一括での返済を求められることになります。
代位弁済となる期間は、金融機関により異なりますが、住宅ローンを延滞して約3~6ヶ月で代位弁済が行われます。
代位弁済後では、滞納分を全額返済しても、従来の分割払いに戻すことは難しいでしょう。

代位弁済の通知【催告書】が届いたら、どうすればいいの?

詳しくは、『催告書(代位弁済の通知)が届いた方』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン