本のアイコン担保割れ(たんぽわれ)

担保割れのことをオーバーローンとも言います。
自宅を売却しても、その売却代金だけでは住宅ローンを全額返済できない状態のことです。
不足額を自己資金等で補てん出来ないと、買換えも売却も借換えも、基本的にはできません。
金利の低い住宅ローンに借換えをしたくても、担保価値(マイホームの現在の資産価値)が低いと、金融機関は融資をしてくれないことがほとんどです。
しかし、止むに止まれぬ事情で担保割れの自宅・不動産を売却しなければならない状況もあると思います。
そのような場合には、任意売却という方法を取ると担保割れ物件を売却処分することができます。
ただし、この任意売却で処分をするとブラックリストに約5年~7年間は記載されることになります。

詳しくは、『任意売却とは/任意売買とは』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン