本のアイコン抵当権(ていとうけん)

金融機関が不動産を担保に融資をする際、「借金のかた」として設定する担保物権のことをいいます。
抵当権は、当事者の合意によって成立し、登記簿の乙区に記載されます。
引渡しを要しないため、抵当権設定後も引き続き債務者による使用収益が可能です。
債務者が返済できなくなった場合、債権者は抵当権を実行し、競売や任意売却などにより債権を回収します。
担保物権にはほかに質権、留置権、先取特権があります。

抵当権は特定の債権一回きりに使用される担保物権なのに対し、根抵当権は一定限度額(極度額)以内なら何回でも不特定の債権の担保として使えるという便利な担保物権です。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン