本のアイコン滌除(てきじょ)

この制度は、2003年度の法改正で廃止され、抵当権消滅請求制度にその趣旨が引き継がれています。
抵当権のついた不動産の所有権、地上権、永小作権を取得した第三者が、抵当権者に、自ら相当と考える不動産の評価額分を支払い、または供託して、その抵当 権を消滅させる制度でした。
抵当権者側は拒否できましたが、その場合、1ヶ月以内に滌除請求者の提示した金額の1割増し以上の価額で行う増価競売を強制され、落札者がいなかった場合 には、抵当権者自らが増価額で対象不動産を買わなくてはなりませんでした。
そのため、抵当権の実行妨害に悪用されるケースがありました。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン