本のアイコン抵当権の実行(ていとうけんのじっこう)

債権が弁済されない場合(返済不能など)、債権者(金融機関等)は、抵当権の優先順位に基づいて 担保である不動産などを強制的に売却(競売)し、その売却代金を自己の債権の弁済に充てることができます。
このように、債権者によって抵当不動産を強制的に売却されることを、抵当権の実行と言います。

抵当権が実行され、売却代金が債権額に満たなかった場合、当然のことながら、残債として存続し返済請求を受けることになります。
しかし、抵当権自体は、抵当権の実行によって消滅しますので、担保のない債権(無担保債権)となります。

売却代金は、抵当権の順位(第1抵当権者から)にしたがって、
抵当権者に配当されますので、 前順位の抵当権者の債権を弁済しても売却代金が余る場合には、次順位の抵当権者が弁済を受けることになります。
全抵当権者に配当してもなお、代金が余る場合には、債務者本人に返還されることになります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン