本のアイコン督促状(とくそくじょう)

債務者が住宅ローンなど借入れの返済ができなかった場合に、債権者から送付する、支払を求める書類のことです。
また、各種税金の場合は、納期限までに完納しない場合においては、各納期限後20日以内に督促状を送付しなければならないと法律に定められていますので、 督促状は、納付期限後20日以内に送付されてきます。
住宅ローンの支払を返済期限までにしていない場合、銀行だけでなく住宅金融支援機構からも督促状は送付されます。
督促状による督促は、法律に基づいた強い意味を持つ請求で、時効の中断の効果があります。

詳しくは、『督促状(支払い通知)が届いた方』を参照ください。

これに対し、催告書は、このままでは期限の利益を失いますよという支払いを促すための最終通告のようなもので、時効の中断はしません。
住宅ローンの延滞が続き、この書類が届いた後には 任意売却・競売での強制売却を迫られることになりますので、早急に手を打たなければなりません。

詳しくは、『催告書(代位弁済の通知)が届いた方』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン