本のアイコン任意売却(にんいばいきゃく)

任意売買(にんいばいばい)ともいいます。
略して「任売(にんばい)」

住宅ローンの返済が困難になった場合、抵当権者(債権者)の合意のもと、不動産を競売せずに、 所有者・債権者の合意する価格で一般の不動産市場にて売り出し、不動産売却を成立させることをいいます。

何らかの事情で、ローンの返済ができなくなったら、金融機関は、貸出した金銭を回収するため、抵当権を行使して担保不動産を競売にかけます。
競売では、いくらで落札されるか開札日までわかりませんが、落札価格が市場価格より3~4割安い価格になってしまうことが一般的です。 そこで、任意売却業者が債務者(所有者)と債権者の間に入り、債権者が合意してくれる価格で、不動産売却をすることを任意売却と呼んでいます。

任意売却の費用 】
任意売却業者・不動産業者に、依頼するのであれば必要ありません
中には、色々な名目で相談料等が必要な会社もありますが、任意売却業者・不動産業者は、 任意売却が成立した時に、債権者に返済する中から不動産仲介手数料の支払いを受けます。
完全な成功報酬です。 自己破産や他の債務整理をする必要がないのであれば、弁護士などに相談せずに、 任意売却業者に相談したほうが費用を抑えられます。
人生をリスタートするためにも、支払わなくても済む費用は極力抑えて、少しでも多くのお金を蓄えることが可能な任意売却をお薦めします。
詳しくは、確かな実績と対応力のある全国任意売却専門相談室までお気軽にご相談ください。
 
任意売却と競売の比較 】
債権者(抵当権者)との間に入ってくれる、任意売却業者という代理人がいる事が大きな違いです。
任意売却後に残るローン(残債務)の支払いについても、この代理人がアドバイスをしてくれます。
競売の場合は、残債の支払額について債権者から一方的に「月々○○万円払って下さい」と押しつけられる事があります。
それが例えば、生活する上で無理のない範囲 月々1万円程度(任意売却での場合)になれば、大きなメリットになると思います。
詳しくは、『任意売却と競売の違い』を参照ください。

任意売却後・競売後 】
任意売却が終わって約3~6ヵ月経った頃、債権者(サービサー等)から様々な書類が送られてきます。
そんな時にも、任意売却業者に依頼していた場合は、(業者により異なりますが
無料でアドバイスが受けられます

費用や処理後の相談などを考えると、やはり任意売却専門業者へ依頼をするのがベストな選択です。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン