本のアイコン根抵当権(ねていとうけん)

抵当権が特定の債権一回きりに使用される担保物件なのに対して、将来借り入れる可能性のある分も含めて、不特定の債権の担保として予め限度額を設定し、その範囲内で繰り返し借りることができるのが根抵当権です。

最初に根抵当権の設定登記をすれば、返済が進んだ状態でまた借入をしたくなった場合に、新たな担保を差し入れる必要がなく、何度でも借りることができるので、担保設定の登記申請が必要なく、その分、登録免許税もかかりません。
根抵当権を設定した銀行がメインバンクであり、今後ともその銀行と取引を継続したい場合には、「根抵当権」はとても便利な制度となります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン