本のアイコン配当要求(はいとうようきゅう)

『競売の申立人以外に債権を持っている債権者は、執行裁判所に申し出てください』
という制度です。

執行裁判所は、競売の申立が行われた際には競売開始決定後、目的不動産の差押えを行い、申立債権者以外に当該不動産から弁済(配当)を受けられる債権者に、その旨を申し出るように期限を定めて公告をすることが義務付けられています。

この公告を「配当要求終期の公告」といいます。

この配当要求終期の公告で、どんな不動産が競売開始決定になったのかがわかります。
配当要求終期の公告がなされた後は、ほとんどの不動産は競売になり、平均3~6ヶ月後に期間入札市場に出てきます。(裁判所や各物件によって異なります)
ただし、債務者と債権者の間で合意が成立し(例えば任意売却になるとか)、取り下げられる事もあります。

配当要求は、他の債権者が申し立てた競売の手続きに参加して、配当を受け取る権利を取得するにすぎないため、当該手続きが取下げや取消しにより終了した場合は配当要求も効力を失います。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン