本のアイコンハンコ代(はんこだい)

任意売却においては、後順位抵当権者に対して、いくらかを支払うことによって抵当権の抹消に応じてもらいます。
その支払う金額をハンコ代と言います。
住宅金融支援機構では、後順位担保権者に抵当権等の抹消をしてもらい任意売却を促進させるために、『はんこ代』として次のように定めています。

・第2順位の債権者
 30万円または残元金の1割 のいずれか低い金額
・第3順位の債権者
 20万円または残元金の1割 のいずれか低い金額
・第4順位以下の債権者
 10万円または残代金の1割 のいずれか低い金額

(注) 任意売却を成功させるためには、すべての抵当権等を抹消する必要があります。

オーバーローン・ 債務超過の場合には売却代金が全部の後順位抵当権者に行き届くことはありません。
全く回収できない状態では担保権を外すことはできない、というのが債権者の気持ちです。

そこで、いくらかを支払うことで、抵当権の抹消に応じてもらうことになります。
この場合、支払額は交渉によって異なります。一律ではありません。
この交渉は、全ての抵当権者(各会社)の“抵当権抹消に関する考え方”を考慮しながらそれぞれ調整していきます。
そんな時、何よりものをいうのが経験と実績です。

ご相談は、確かな実績と対応力のある全国任意売却専門相談室まで。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン