本のアイコン引渡命令の申立(ひきわたしめいれいのもうしたて)

引渡命令とは、買受人が代金納付を済ませた後、通常の裁判と比較して簡易な手続で 迅速に建物から占有者を退去させる命令のことです。

この申立は、買受人が代金を納付した日から6ヶ月以内にしなければなりません。

代金を納付した買受人から、引渡命令の申立てがなされると、執行裁判所は、発令要件を備えていると認めた場合、競売不動産を引き渡すべき旨の決定をします。
なお、占有者が自発的に退去しない場合は、引渡命令に基づいて退去させるための強制執行が必要です。
その場合、退去執行のため別途費用がかかります。
引渡命令が相手方に送達になり、執行抗告(引渡命令に対する不服申立て)がなければ1週間で確定し、強制執行ができる効力が発生します。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン