本のアイコン評価書(ひょうかしょ)

競売三点セットの一つで、裁判所から選任された評価人(通常は不動産鑑定士)が、当該競売不動産の評価を行ったものです。
評価書には、物件の概要・状態、最低売却価額の算定方法等が記載されています。
公図・間取り図等の図面、写真なども添付されていますので、物件そのものの価値を把握することができます。
また、現況調査報告書よりも新しく作成される場合もあるので、現況調査の結果を補充する役割を果たすこともあります。
通常、競売物件の評価額は一般市場価格から約40%減額し、さらに物件の諸条件(賃借権の有無など)を算定して計算されます。
しかし時には、全く応札されないような評価を下す評価人もいるようです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン