本のアイコンブラックリスト

実際に、ブラックリストという「要注意人物リスト」なるものが存在するわけではありません。
金融機関には個人信用情報というものがあり、金融機関から借入した利用データや支払状況等、全て個人信用情報機関に登録管理されています。

住宅ローンやキャッシング等への支払いを数ヶ月にわたり延滞すると、個人信用情報に延滞情報が登録されます。
今後金融業者が被害を受けないため、延滞情報や債務整理、特定調停、自己破産等の事故情報が登録されます。
それらの情報が通称:ブラックリストです。
現在、日本で消費者金融・クレジットカードなどの利用記録を扱っている代表的な個人信用情報機関は3つあります。

●全国銀行個人信用情報センター
●株式会社シー・アイ・シー(CIC)
●株式会社日本信用情報機構(JICC)

これらの機関に、個人の支払状況、ローン状況などの情報が記録されます。
事故情報は登録されてから5年間は消えません。
また、登録されてから5~7年間、キャッシングはもちろんクレジットカードを新しく作ったり、ローンを組むこともできなくなります。
任意売却をする場合、銀行の支払いをストップしている訳ですから、個人信用情報に記録されます。
任意売却をするから、ブラックになるわけではなく、住宅ローンを滞納していく過程で事故情報として登録されてしまうのです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン