本のアイコン法定地上権(ほうていちじょうけん)

民法が定める土地利用に関する権利の一つです。
本来、地上権は契約によって設定されるものですが、法定地上権は民法の規定により強制的に設定されます。

法定地上権が設定されるケースとしては、抵当権設定当時土地の上に建物が存在し、同じ所有者が持っていたその土地または建物の一方もしくは双方に抵当権が設定され、後に抵当権が実行され競売になった結果、土地の所有者と建物の所有者が異なることとなった場合で、建物所有者の保護ために設定される権利です。

これは、競売等により土地と建物が別々の所有者に帰属することとなった場合、建物が敷地を利用する権利がいったん消滅することになり、建物を土地から撤去しなければならないという不都合が生じるので、そうした不都合を回避するため、建物に地上権(法定地上権)を付与するという趣旨でなのです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン