本のアイコンみなし弁済(みなしべんさい)

本来、利息制限法の上限金利(10~20%)を超える金利は受け取ることができない というのが原則ですが、『債務者の自由意志により任意で支払ったと認められる』などの条件を満たした場合には、出資法の上限金利(29.2%)までは合法とする『例外規定』のことを言います。
しかし、みなし弁済の適用に関しては、最高裁も厳しい判断を下す傾向にあり、現実的には、裁判ではみなし弁済はほとんど認められていません。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン