本のアイコン無剰余(むじょうよ)

既に、不動産に資産価値の金額以上の抵当権が設定されており、 それ以上明渡猶予制度をつけても意味がない状態をいいます。
従って、後順位債権者には当該物件を処分した代金による弁済が回ってこない状態を指します。

逆に、負債額よりも高く売れてプラスになった状態を「剰余」といいます。
任意売却で 不動産を処分する場合、「剰余が出たらその中からお引越し代をもらえます」等と 解説をしている業者さんがいますが、剰余が出るということは全額返済出来るということになります。
任意売却で剰余が出る物件はそうはありません。
言い換えれば、全額返済が出来る金額で不動産が売れるケースは極々希だということです。
任意売却業者や競売の業者さんの余りにおいしい話には釣られないようお気をつけください

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン