本のアイコンリースバック

不動産取引においては、所有していた不動産を売却した後も、購入した第三者から賃借し、引き続き使用することです。

自社ビルを保有している法人が、資産圧縮等のため自社ビルを売却して、その後もその物件を賃借して使用するケースなどです。
個人の自宅を売却してリースバックをする際にも使われますが、賃貸借契約を結んでも、住宅ローンを払えなかった方との契約のため、購入者にとってはリスク が大きいといえます。

住宅ローンが払えない、でも、引っ越ししたくない・家を手放したくない といった方々のために、 全国任意売却専門相談室が “貴方に合った解決策” をご提案します

詳しくは、
とにかく家を守りたい』『親子間売買・親族間売買/親子間売買の住宅ローン対策

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン