本のアイコン利息制限法(りそくせいげんほう)

貸金業者の金利を制限する法律で、貸付金利の上限を次のとおり定めています。

・元本10万円未満は年率20%
・元本10万円以上100万円未満は年率18%
・元本100万円以上は年率15%

利息制限法にはみなし弁済という例外規定があり、上限金利を超えた利息でも、債務者が自由意志により任意で支払ったことが認められれば、それを合法とし、上限を破っても罰則規定はありません。
しかし近年、過払い金返還請求訴訟の件数が増えてきており、商工ローンや消費者金融からの借入れでは、みなし弁済の例外規定は当てはまらないことが多く、裁判で争えば貸金業者は負けてしまうことが多いようです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン