本のアイコン連帯債務者(れんたいさいむしゃ)

債務者は、お金を借りた「本人」で、借りたお金の返済責任がありますが、 複数の人(夫婦・親子など)が共同でお金を借りる場合に、その全員が連帯債務者つまり全員が「本人」ということになります。
連帯保証人との大きな違いは、連帯債務者は保証人ではなく「債務者」本人だということです。
債権者は、連帯債務者の中の1人、または数人、または全員に対して返済を請求することができます。
全員がそれぞれ、借りたお金の全額の返済をする責任を持ちますが、連帯債務者の一人が返済すれば、他の連帯債務者も債務を免れることになります。

連帯債務者は、離婚したことによって連帯債務関係から逃れられる訳ではありません。
「もうその家には住んでいないから」というような理由は法的に通用しません。
離婚しようがしまいが、その家に住んで居ようが居まいが、その住宅ローンは連帯債務者である本人が借りたものだからです。
連帯債務を抜けるチャンスはほとんどないと言えるでしょう。
しかし、連帯債務から抜けることが出来る微かなチャンスの一つに住宅ローンの借り換えが有ります。
ローンの借り換えは新規契約となるため、連帯債務を抜ける絶妙のチャンスとなります。

連帯債務者等の場合、離婚に伴う不動産の処理は容易ではなく、離婚前・離婚後に色々なトラブルが潜んでいます。

詳しくは、『離婚に伴う住宅ローン問題』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン