本のアイコンオーバーローン

不動産取引では、不動産の担保評価額(時価)が住宅ローン残高より低くなっていることをいいます。
担保割れとも言います。
例えば4,000万円の住宅ローン残高があるのに、住宅の担保評価額が3,000万円しかないという状態のことです。
住宅購入時の頭金が少ない場合など、オーバーローンに陥り易く、このオーバーローン状態では、住宅を売却しても借金(住宅ローン)が残ってしまうので、住宅を買い替える際などに新たな住宅ローンを利用し難くなります。

任意売却であればオーバーローンでも物件を処分出来ます。
詳しくは、任意売却/任意売買とは を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン