本のアイコン買戻し特約(かいもどしとくやく)

不動産売買契約において、物件の売主が買主に売買代金その他諸経費を支払うことにより、物件を買い戻すことができる内容を特約事項に示すものです。

買戻し特約は「所有権を制限する」権利で、買戻し特約が甲区に登記されている場合、その物件を購入した人が、第三者に転売しても、買い戻し権を持っている人はその第三者に対抗できることになります。
つまりこのような不動産を購入しても、買戻し権を行使されると不動産の所有権を失ってしまう可能性があるので注意する必要があります。

公社や公団等が売主で、一定期間転売を防ぐ目的でつけられていたケースが多いようです。
また金銭消費貸借の担保として利用されるケースもあります。
いずれにしても所有権の登記(甲区の欄)に買戻し特約が付いていたら、注意して権利関係を確認する必要があります。

任意売却における買戻しとは、住宅ローンが払えない
でも
“家を手放したくない”
“引っ越ししたくない”
といった方々のために、家の所有権を一時的に手放し、将来その家を購入する(買い戻す)ことで所有権を取り戻す方法です。

詳しくは、『とにかく家を守りたい』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン