本のアイコン過払い金返還請求(かばらいきんへんかんせいきゅう)

利息制限法を超えて余分に支払ったお金を返してもらうことです。
金残消費貸借契約については、原則として利息制限法で定められた水準

元本10万円未満・・・・・・・・・・・・・・・・年20%
元本10万円以上100万円未満・・・・年18%
元本100万円以上・・・・・・・・・・・・・・・年15%

を金利の上限とすることになっています。
しかし、消費者金融、商工ローンやカードローンの多くは、この利息制限法の上限を超えた金利設定をしています。
それは、罰則の定めがない「利息制限法」とは別に、守らなかった場合刑事罰を受ける「出資法」という法律があるからです。

出資法による上限利率は段階的に下げられてきていますが、昭和の頃は50%以上、平成に入ってからも40%以上で、現在は29.2%となっています。

一定の例外を除いて、利息制限法で定められた上限金利を超えて支払った金利については、借り入れ元本から差し引くか、借り入れ元本さえ超えて支払っている場合は、その分を過払い金として返還請求することができます。
過払い金の請求には、過払い金が発生してから10年という期限があります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン