本のアイコン求償権(きゅうしょうけん)

保証人が、主たる債務者に代わって貸金等を支払った(返済した)場合に、後に、支払った分を主たる債務者に対して返してくれるように請求できる権利です。

例えば、連帯債務者の一人が債務を弁済した場合には、他の連帯債務者に対して、あるいは保証人が債務を弁済した場合には、主たる債務者に対して、返還を請求できる権利です。

個人が住宅ローンの返済が出来なくなり、期限の利益を喪失した時点で、金融機関(銀行等)は保証会社に対して代位弁済を請求し、保証会社は債務者に代わって住宅ローン残高を金融機関(銀行等)に返済することになります。
これにより、債権・担保物権などは求償権の範囲で保証会社に移転します。
移転した債権・担保物権により、保証会社は債務者に対して一括弁済を請求することになります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン