本のアイコン強制競売(きょうせいけいばい)

金銭債権において、債務者が弁済しない場合、債務者の弁済に当てるため抵当権とはかかわりなく、債務者の不動産を強制的に売却換価して債権者の債権に充当する手続きです。
競売事件番号の中に平成○○年(ヌ)第○○○○号という場合があります。
それが強制競売を表します。
強制競売は、裁判所の判決が必要で、相続関係でこじれたケースなどでよく見受けられます。
これに対して任意競売は通常の不動産競売といわれているもので「担保権の実行としての競売」にあたり、期間入札においては主流となっています。
競売事件番号が平成○○年(ケ)第○○○号の場合です。
住宅ローンで返済が滞った場合などがこれにあたります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン