本のアイコン競売開始決定通知(けいばいかいしけっていつうち)

債権者(抵当権者)が競売の申し立てをし、それを受理した裁判所が、債務者に競売を開始する旨を伝える通知で、特別送達郵便で届きます。

この段階では「○月△日に入札」などの記載はされていません。
しかし、この競売開始決定通知を受け取ってしまった場合は直ちに行動しなければ、残り時間はほとんどありません
どんどん処理が進められていきます。

そのまま放って置くと「入札期日」の通知が送りつけられてきます。
この「入札期日」が届いてから慌てて任意売却を しようとしても理論的には可能でも、現実問題としては不可能です。

一概には言えませんが、この競売開始決定通知を受取ってから少なくとも2~3ヶ月間は住んでいられます。
この段階であれば、任意売却をすることも可能です。
ただし、任意売却をするには、不動産業者と「専任媒介契約書」を取り交わし、競売と同時進行で任意売却を進めていくことになります。
競売か任意売却か、どちらが早いかです。
購入者が見つかり、任意売却をするには債権者の同意が必要となります。

競売に比べ任意売却は、貴方にとって大きなメリットがあります。
これから先、人生の再スタートをするためにも早急に行動することをお勧めいたします。

詳しくは、『任意売却と競売の違い』を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン