本のアイコン競売三点セット(けいばいさんてんせっと)

裁判所が不動産競売のために作成する資料の事で、次の三点を総称して「競売三点セット」と呼んでいます。

①「物件明細書」:(書記官が作成)
競売後もそのまま引き継がなければならない賃借権などの権利があるかどうか、土地又は建物だけを買い受けた時に建物のために底地を使用する権利が成立するかどうかなどが記載されています。

②「現況調査報告書」:(執行官が作成)
土地の現況地目、建物の種類・構造など不動産の現在の状況のほか、不動産を占有している者の氏名やその者が占有する権原を有しているかどうかなどが記載され、不動産の写真などが添付されています。

③「評価書」:(不動産鑑定士が作成)
競売物件の周辺の環境や評価額が記載され、不動産の図面などが添付されています。

この三点セットのファイルは、裁判所で閲覧することができます。
また、不動産競売物件情報サイト(BIT)では、三点セットをインターネットで公開し、ダウンロードできます。
競売の場合は、事前に室内を見ることができないので、この三点セットが重要な判断材料となります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン