本のアイコン競売事件(ケ・ヌ)(けいばいじけん)

不動産競売の種類で、民事執行法により、主として2種類を定めています。

(ケ)事件・・・・・担保不動産競売
抵当権等の不動産担保権者である債権者が判決等の債務名義なしで、当該不動産を差し押さえ、売却が行えるものです。
通常の不動産競売といわれているものがこれにあたります。

(ヌ)事件・・・・・強制競売
抵当権に基づかない不動産を、裁判の判決等の債務名義を得た上で差し押さえ、売却されるものです。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン