本のアイコン競売申立の取り下げ(けいばいもうしたてのとりさげ)

競売の申立人が、その申立てを撤回することです。
申立人は、競売の開始決定がされた後でも、売却が実施され売却代金が納付されるまでは、いつでも申立てを取り下げることができます。
ただし、売却が実施され、執行官による最高価買受申出人(落札者)の決定がされた後は、原則として最高価買受申出人又は買受人及び次順位買受申出人の同意がないと取り下げはできません。
また、買受人が代金を納付した後は、申立てを取り下げることはできません。
したがって、確実に申立てを取り下げるためには、申立人が、開札期日の前日までに執行裁判所に対し、取下書を提出する必要があります。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン