本のアイコン個人信用情報機関(こじんしんようじょうほうきかん)

個人のローン・クレジット契約内容に関する情報を登録して、加盟会社がその情報を照会することで過剰融資(多重債務)の防止、審査事務の迅速化を図り、 消費者と加盟会社との健全な信用取引ができるよう設置された情報機関です。

情報を登録された個人は、自己の内容について開示を受ける権利があり、その内容が間違っている場合には調査の上、訂正、削除をすることができます。
個人信用情報機関には下記の3つの機関があり、クレジットカード会社・銀行・消費者金融などの業態によって加盟する機関が違ってきます。

・全国銀行個人信用情報センター 
【 KSC: http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
全国銀行協会が運営し、金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金等)が加盟しています。

・シー・アイ・シー 
【 CIC: http://www.cic.co.jp/index.html
大手クレジット会社の共同出資で設立され、信販会社、家電、自動車メーカー系クレジット会社、百貨店、量販店等が加盟しています。
ほとんどのクレジットカード会社が加盟しており、信用情報機関の中でも一番のデータ保有量です。

・日本信用情報機構 
【 JICC: http://www.jicc.co.jp/index.html
全業種を網羅する信用情報機関で、主に貸金業者、クレジットカード会社、リース会社等が加盟しています。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン