本のアイコン個人民事再生(こじんみんじさいせい)

住宅ローン以外の借金総額が5,000万円以下であり、かつ将来において継続的に収入を得る見込みがある方か、給与等の安定した収入があり、収入の変動幅が小さい方が利用できる手続です。
裁判所に申し立てをして、原則として借金の額を、100万円または借金総額の5分の1のどちらか多い方の額にまで減額したうえで、その借金を3年間できちんと分割返済することを条件に、残りの借金全てが免除されるという手続です。

個人民事再生には、
借金減額を認めてもらうために債権者の決議が必要な『小規模個人再生』と、
そのような決議を経る必要はない『給与所得者等再生』
の2種類の制度があります。
これら2種類の個人民事再生手続きには、『住宅ローン特則』という制度を付すことができ、ローン支払中のマイホームであっても、マイホームを手放さずに債務整理を行うことが可能です。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン