本のアイコン催告書(さいこくしょ)

住宅ローンの返済が滞っていると、債権者から”来店依頼について”や”督促状”、”最終通告書”など様々な書面が送られてきます。
再三送られてきたにもかかわらず延滞状態が解消されないと、催告書が届きます。
これに応じないでいると債権者は差押等法律上の手続に移行します。

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗
 
催告書

平成○○年○月○日付金銭消費貸借抵当権設定契約証書に基づく貸付金については、
再三の催告にもかかわらずお払い込みがありませんので、
上記契約証書より下記貸付残元金の全部、並びに利息及び遅延損害金等を
平成△△年△月△日までにお払込み下さるよう催告します。
上記期限迄にお払込みがない時は、やむを得ず法律上の手続きをとりますから予めご承知おき下さい。
残元金 □□□,□□□,□□□円

∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗∗
 
という内容になっています。
住宅ローン以外でも、税金を滞納していると催告書が届きます。
納期限までに納めていないと督促状が届いたり、催促の電話があり、それでも納付しないでいると催告書が届きます。
催告書を受け取った後も納付していない状況が続くと、財産差押等の滞納処分を受けます。
所有不動産があり、その不動産に差押登記がなされると、不動産売却時には、その差押を解除してもらわないと売却が出来なくなってしまいます。
また、自己破産をしても税金は免責にならないので、納付を逃れることは出来ません。 税金だからと後回しにせず、支払いの優先順位を考える必要があります。

“住宅ローンが払えない““税金が払えない”等でお困りの方は、
住宅ローンの支払いが困難だと感じている方
を参照ください。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン