親子間売買・親族間売買/親子間の住宅ローン対策

親子間売買/親族間売買とは住宅ローンの支払いが難しくなってしまった物件を
親・子供や親族に購入してもらう手法です

自身の所有している不動産を子供や親あるいは親族に購入してもらい、競売から家を守る方法です。
子供や親あるいは親族に購入してもらうことで将来的には家の権利を取り戻すことが出来る買戻しも可能です。
住宅ローンの融資を使って購入してもらう場合、融資をしてもらえる可能性が低いという難点があります。
しかし親子間や兄弟間、親戚間であっても担保不動産の売買は法律的には可能です。

こんな方にオススメ

  • 現在住んでいる自宅にそのまま住み続けたい
  • どうしても自宅を手放したくない

親子間売買/親族間売買を行うメリット

  • 任意売却後も継続して家に住むことができる
  • 将来的に不動産を買い戻せる可能性がある
  • 月々の支払いを減らすことが出来る可能性がある

親子間売買/親族間売買の住宅ローン利用について

親子間・親族間売買では住宅を買い取ってくれる子供や親あるいは親族が
金融機関に申し出て住宅ローンを組む必要が出てきます
しかし子供や親・親族が住宅ローンを組む際 金融機関が親子間売買や親族間売買の場合 融資に消極的なため
住宅ローンを利用できない場合がほとんどです

金融機関が親子間売買に難色を示す理由

  • 親族間における所有権移転の理由は、一般的に売買ではなく相続・贈与であること
  • 親族間の売買に至る過程が、住宅ローン融資の基準外である可能性があること
  • 住宅取得以外の目的で住宅ローンの融資が使われる可能性があること
  • 金融機関と保証会社の間で交わされる契約上、親子間売買では保証対象として認められないこと
  • 売買される価格が適正でないケースが多いこと
  • 売主・買主が親しい関係者の場合、
    低金利で長期間借入れできる住宅ローンの融資金の流れを金融機関では把握できないこと

金融機関・保証会社が一般的な金利の住宅ローンの利用を認める例

  • 不動産会社が
    (宅地建物取引業免許を取得している会社)
    仲介に入る
  • 不動産売買価格が妥当
    (一般市場相場価格の算出・査定書作成)
  • 重要事項説明書や不動産売買契約書の
    内容が信頼できる
  • マイホーム購入動機が適切

金融機関によっては、上記に該当するような信頼できる方の場合に限り
一般の住宅ローン同様、保証会社が融資を認める場合もあります。

以上のように金融機関に住宅ローンを認めてもらう場合には不動産会社が仲介に入る必要があります
【ニンセン・任意売却専門相談室】では 実績・ノウハウが豊富なので 親子間/親族間売買 も積極的に行います

親子間売買の住宅ローン利用で やってはいけない3つのポイント!

ポイント1

自分で金融機関に相談する

銀行相談窓口でのヒアリングや書類記入方法にはノウハウが必要です。

ポイント2

親子間売買の住宅ローン利用が
困難だと認識していない
不動産会社に依頼する

手当たり次第住宅ローンを申し込むと、あなたの情報が金融機関や信用情報機関に登録され、今後の住宅ローン審査に悪影響が出てしまうため禁物です。基本的には、金融機関3行までで承認を取らなければなりません。

ポイント3

親子間売買の住宅ローン対策を
専門にしていない会社に依頼する

住宅ローン審査に合格するためには、周囲のあらゆる状況を把握し、過去の経験や実績をもとに、最近の金融情勢まで考えた上での対策が必要です。

親子間売買/親族間売買では金融機関との調整が必要なため、経験やノウハウが多数ある企業でないと難しいです。
【ニンセン・任意売却専門相談室】は豊富な実績と経験によるノウハウを駆使することで、金融機関への融資申込対策を行います。
どうぞ安心してご相談ください。

子供・親あるいは親族に自宅を購入してもらうことが難しい場合

リースバック

第三者(不動産会社等)に自宅を購入してもらい
売却後も賃貸として家に住み続けることができる方法です

自己で保有する資産(自宅・不動産)をいったん不動産投資家や友人等の第三者に売却し、その後売却した資産(自宅・不動産)を購入者から賃貸で借りる形態です。
【ニンセン】が過去取引をした投資家などが、このリースバックに協力してくれることがあります。
ただし、投資家の利益と、間に入る業者の諸費用などが加算されるため、それまで支払っていた住宅ローンの返済金額よりも高くなることがあるので注意が必要です。

子供・親あるいは親族に購入を依頼することが難しい場合には、
リースバックという不動産売買があり、
【ニンセン】ではリースバックのサポートも積極的に行っています。

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン