メディア

住宅金融支援機構【任意売却】 2017年6月19日(月)  全国・テレビ朝日系列【スーパーJチャンネル】で放映

放映内容は・・・・

74歳の男性。住宅ローン完済まで残り3年、しかし家を失ってしまった。

自宅は2階建ての4LDK、22年前に3300万円で購入。

男性は任意売却をする為、住宅金融支援機構からの書類を見せてくれた。

任意売却とは住宅ローンの返済が困難になった時、競売の前に通常の不動産取引で売却すること。男性は自宅を競売にかけるか任意売却するか選択を迫られていた。

52歳の運送会社勤務時、月々17万円の25年ローンで購入したが、返済が苦しくなったという。このきっかけになったのが「リスケ」と呼ばれる返済計画の見直しだった。

67歳から3年間、金利のみの支払いにする代わりに返済額が月24万円にアップ。しかし、定年後、給料が20万円と減額になってしまい年金17万円を合わせても住宅ローンの24万円を支払うのは困難だ。高齢になり給料が下がることを想定していなかったという。

自宅は売れても住宅ローン残高より評価額が低く、住宅ローンの借金が750万円も残ってしまう。引っ越した後は家族3人、家賃5万4000円の借家へ引っ越しする。

この放映を見て・・・

1.何処の不動産会社に依頼されたのだろう?(一般の不動産会社?任意売却の専門会社?)

2.完済まで残り3年、家を残す対策・住み続ける方法は無かったのであろうか?

  • つぶやくボタン
  • シェアするボタン

目次

お役立ち情報

任意売却業者選び 無料相談受付中0120-201-819

資料ダウンロードはコチラ

任意売却コラム

任意売却にまつわる
役立つ情報をまとめました

一覧はコチラ

事例紹介

【ニンセン】がサポートした
事例を紹介します

一覧はコチラ

感謝の声

【ニンセン】がサポートした
ご相談者様から寄せられた
感謝の声を紹介します

一覧はコチラ

TOPICS

住宅ローンに関する
最新の情報を発信しています

一覧はコチラ

サービスの特徴

あなたの大切な家を守るための
【ニンセン】のサービスを
ご紹介します

一覧はコチラ

早わかり!不動産用語集

少しでも有利に取引をするためには、専門用語の意味を十分理解する必要があります。 任意売却・競売において一般的に使われている専門用語を取り上げ、わかりやすく解説します。

一覧はコチラ

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン