お役立ち情報

住宅ローンが払えない場合、やってはいけないNG行動

住宅ローンが払えなくなると、とにかく返済しようと考えがちです。あるいは、金融機関との連絡を避けたくなるかもしれません。しかし、きちんと問題を解決するためには適切な方法で手続きを進める必要があります。今回は、住宅ローンを予定通りに返済できない場合でもやってはいけないNG行動と、解決策として望ましい選択肢をご紹介します。

やってはいけない3つのNG

住宅ローンが払えないとき、やってはいけないNG行動の代表例は多重債務・音信不通・生活保護の3つです。

キャッシングやカードローンは一時しのぎ

キャッシングやカードローンは基本的に一時しのぎであり、根本的な解決になりません。住宅ローンの返済が残れば、複数の業者から借金している多重債務の状態を招きます。通常、キャッシングなどは住宅ローンより金利が高いので、結果的に返済額が膨れる可能性が高まります。

音信不通は問題を大きくするだけ

金融機関との連絡を絶っても、まず借金が減らないどころか延滞しただけ金額が増えてしまいます。ローンを組んだとき親族や知人・友人に連帯保証人を引き受けてもらっていれば、迷惑をかけてしまうでしょう。また誰かから着信があるたびにストレスを感じるので、精神的な負担も大きくなります。

生活保護には家の売却が条件

住宅ローンの返済中に生活保護を受ける場合、一般的に家を売る必要があります。生活保護費は税金の一部であり、物件を売却しないまま生活保護が認可されれば家を確保するために税金が使われたと見なされるためです。住居を手放したくない人は、生活保護を解決策として選べません。

払えなくなった場合の解決方法は?

住宅ローンを滞納したときの解決策として、借り換えや任意売却、あるいは親族間売買といった選択肢があります。

借り換えは返済額を減らせる可能性あり

住宅ローンは借り換えが可能です。金利の低い住宅ローンに変更すれば、返済額は少なくなる場合があります。ローンの返済が難しくなると予想されたときは、早めに借り換えを検討しておくとよいかもしれません。

任意売却は競売より条件がよい

任意売却は競売より高く持ち家を買ってもらえる傾向があり、それだけローンの返済は楽になります。たとえ多少のローンが残っても負担は軽くなり、分割払いでも問題ありません。競売を避ける手段として、任意売却は大きな効果を見込めるのです。ただし、任意売却の場合は売却代金で住宅ローンを完済できない場合の手段となり、任意売却での売却には、金融機関(債権者)の同意が必要になることを考慮しなければなりません。

家を手放さないためには親族間売買

せっかく手に入れた住居を離れたくない場合、親族間売買という方法もあります。自分の家族に購入してもらうので、わざわざ引っ越さなくて済みます。慣れ親しんだ家に住み続けることを希望する人は、親族間売買も検討してみてください。

まとめ

家計が苦しく住宅ローンの支払いが厳しくなっても、解決方法はあります。慌てて金融業者から借金するといった行動は控え、一度、冷静な気持ちを取り戻して任意売却や親族間売買に詳しい専門家に相談を。株式会社ワコー・コーポレーションがサイト運営している【ニンセン】では、親子間売買や任意売却に関する専門家が全国を対象に相談を受け付けております。住宅ローンが払えなくなってお困りの際は、お気軽にお電話【フリーダイヤル 0120‐201‐819】ください。

 

任意売却の基本情報誌

任意売却業者選び 無料相談受付中0120-201-819

資料ダウンロードはコチラ

任意売却コラム

任意売却にまつわる
役立つ情報をまとめました

一覧はコチラ

事例紹介

【ニンセン】がサポートした
事例を紹介します

一覧はコチラ

感謝の声

【ニンセン】がサポートした
ご相談者様から寄せられた
感謝の声を紹介します

一覧はコチラ

TOPICS

住宅ローンに関する
最新の情報を発信しています

一覧はコチラ

サービスの特徴

あなたの大切な家を守るための
【ニンセン】のサービスを
ご紹介します

一覧はコチラ

早わかり!不動産用語集

少しでも有利に取引をするためには、専門用語の意味を十分理解する必要があります。 任意売却・競売において一般的に使われている専門用語を取り上げ、わかりやすく解説します。

一覧はコチラ

お一人で悩まず ご相談ください

24時間受付中メールのアイコン